あんしんパック解約でケータイ補償は残す/ドコモの解約方法と日割り料金について

あんしんパックは解約したいけれどケータイ補償だけは残すようにしたい場合、ドコモショップに行かなくても手続きはできるでしょうか。

ドコモのオンライン手続きでの解約方法の注意点やその月の日割り料金の計算方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

あんしんパック解約でケータイ補償は残す

ドコモのあんしんパックは

  • ケータイ補償サービス
  • あんしんセキュリティ
  • あんしん遠隔サポート

の3点がセットとなり、3つそれぞれの合計金額よりも380円(税別)安く利用できるようになっています。

3つで一つのサービスとなる『あんしんパック』なので、解約しようとするとケータイ補償サービスも全て解約されます。
『ケータイ補償サービス』は、一度解約したら同じ機種に再度付け直すことは一切できませんので気を付けたいですね。

ちなみにもし『あんしんセキュリティ』は残すかどうか悩んでいる場合には、あんしんパックをそのまま解約しないことをオススメします。
『あんしん遠隔サポート』だけを解約しても、あんしんパックの料金と、ケータイ補償サービスと安心セキュリティの合計金額とで20円(税別)しか変わりません。
あんしん遠隔サポートだけ解約して、他の2つを残すならあんしん遠隔サポ-トも残しても良いかもしれません。

ですが両方必要なければ、あんしんパックの解約方法に注意しましょう。

ドコモのあんしんパック解約方法

あんしんパックを解約しようとすると、ケータイ補償サービスも含めて3つのサービスが全て解約されます。

そうならない為には解約方法に工夫が必要です。
My docomoのオンライン手続きから解約する場合、あんしんパックを解約する操作をしてはいけません。
代わりにあんしんセキュリティやあんしん遠隔サポートをはずす操作をします。この2つを解約することで結果的にあんしんパックも解約されます。

『My docomo』のサイトから
『契約内容・手続き』を選び
少し下の方に進むと『契約内容・手続きのメニュー』があり、
そのまま下へ進むと『あんしん・安全』の項目があります。
その中に『あんしんセキュリティ』『あんしん遠隔サポート』があります。

例えばあんしんセキュリティを選ぶと『お手続きする』という表示が出ますので、これを選びます。
ログインして進めます。

あとは注意事項を確認して同意して進めていけば解約できます。
もう一度オンライン手続きトップあるいはMy docomoトップへ戻って、あんしん遠隔サポートも同様に操作して解約しましょう。

あんしんパック解約する時の日割り料金について

では続いてあんしんパックを月途中で解約し、ケータイ補償サービスのみにした場合の料金についてです。

月途中で変更した場合には、それぞれの日割り計算が支払い金額です。
手続きをした前日までがあんしんパック、手続き当日からはケータイ補償サービスのみの金額で計算されます。

(以下全て税別表示です。)
あんしんパックは3つのオプション金額の合計から380円割引されます。
ケータイ補償サービスの料金は機種によって様々ですが、今回は500円で考えます。一番対象機種が多い補償金額です。

例えば1ヶ月が30日までの月に手続きをした場合、
15日に手続きをしたら、
1日〜14日まではあんしんパックとしての料金の日割り計算、
15日〜30日はケータイ補償サービスのみの料金の日割り計算です。
ドコモの請求書の記載方法で計算します。

あんしんセキュリティの200円の14日分で93.33円
(200円÷30日×14日=93.33円)
あんしん遠隔サポートの400円の14日分で186.66円
(400円÷30日×14日=186.66円)
あんしんパックの割引-380円の14日分で-177.33円
(-380円÷30日×14日=-177.33円)
ケータイ補償サービスの30日分つまり500円
この合計で602円となります。

最後に

あんしんパックの解約は少し手間はありますが、ケータイ補償だけは残す手続きがご自身でカンタンにできます。
ただマイドコモでの解約方法を気を付けないとケータイ補償サービスまで解約され、元に戻せなくなりますのできをつけましょう。
また料金は日割り計算ができますから、いつ解約しても損にはならないですね。

スマホが故障した時に便利なのがドコモのケータイ補償サービスですが、交換する端末がリフレッシュ品だということが気になる方多いようです。このリフレッシュ品のバッテリーが新品なのか、故障したら保証期間はどうなるのか、ケータイ補償を利用する前に不安を解消しましょう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。