月々サポート途中でプラン変更/iPadの条件。シンプルプランは大丈夫?

iPadの月々サポート適用途中にプラン変更しても大丈夫なのか、条件はあるのでしょうか。
シンプルプランへ変更すれば、より安くなる訳ですが、変更しても問題無く月々サポートの割引を継続できるのでしょうか。

プラン変更して割引条件から外れてしまうと、プランを戻したところで割引は再開されません。
プラン変更前にしっかりと確認できるよう、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

月々サポート途中でプラン変更/iPadの条件。シンプルプランは大丈夫?

iPadの月々サポート適用途中にプランを変更しても問題ないかどうかを確認する為に、まず月々サポートの割引条件を確認してみましょう。

基本プランの

  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • シンプルプラン
  • データプラン

のどちらかの申し込みと、

  • データパック
  • シェアパック

などの申し込みが必要です。
また対象機種を購入することで、そこから24か月間利用料金から割引されるサービスです。

基本的には上記の内容を満たせばいいのですが、機種によってはその限りではないようです。

では条件をiPadに当て嵌めてみます。
ドコモのホームページのiPadのページを確認すると、月々の料金の欄にはデータパックの記載しかありません。
なぜかというと、iPadでは通話をする機能が無いからです。

もちろんLINE等の通話アプリをインストールすることで通話はできます。
ですが、もともとのiPadの機能としては通話機能が無いんです。実際に、購入時の状態ではiPhoneには入っている電話アプリがiPadには入っていませんよね。
つまりiPadを利用するの場合には、本来音声契約をする意味がないということです。

スポンサーリンク

このようにもともとは通話ができないiPadには、ドコモでの料金プランも音声契約ではなくデータ専用プランで利用することになっています。
それでもSIMカードをスマホへ入れ替えて、iPadはWi-Fiで利用されたいというような考えの方もいらっしゃると思います。

基本的にはデータ専用プランでしか契約できないですが、厳密には相談することで音声プランへ変更することもできるのかもしれません。
ただシンプルプランを選択すると月々サポートの割引は終了します。

理由については、はっきりした答えの記載は見つかりませんでした。
ですがそもそも月々サポートはその購入した機種を利用している期間中に、最大24か月間割引されるサービスです。
iPadを利用する為のプラン以外へ変更すること、それはつまりiPadを利用している訳ではないという判断となり、割引が終了するのかもしれません。ただシンプルプラン以外の音声契約なら問題ないようです。

シンプルプランへ変更して割引が無くなってしまうよりは、そのままデータプランで利用して通話のできるアプリでの電話のみの利用に抑えることをオススメします。

今持っているドコモのスマホに一台増やす場合、料金設定をおトクにする為にはどうしたらいいのか。一台増やす時に極力料金が上がらないようにするためには?増やす番号でも電話が必要な場合には?オンライン手続きの方法なども含めてまとめてみました。

最後に

やむなく音声契約へ変更しなければならないこともあるかもしれません。

ですが月々サポートの適用途中なのであれば、iPadでの月々サポート割引条件を満たすために、シンプルプランへのプラン変更はしないことがオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。