ドコモiPhone保証どっちがいい?Apple care+との補償比較

ドコモでiPhoneを利用する際には、購入時に保証を2種類から選べます。

入れる保証サービスのApple care+for iPhoneとケータイ補償サービスfor iPhone & iPadはどっちがどういいのでしょうか。
iPhoneの購入時にしか入れないサービスですので、この2つの違いをしっかりと比較して公開しないようにしておきたいですね。

スポンサーリンク

ドコモiPhone保証どっちがいい?

※表記の金額はすべて税抜き表示です。

ドコモでiPhoneの購入をする時には保証が2種類から選べます。
もちろんどちらにも入らない選択肢もありますし、どちらにも入る選択肢も実はあります。

入らない選択をした場合、購入後しばらく経ってから入りたくなっても加入できませんのでご注意ください。

どちらにも入る選択肢はもちろん両方の負担がかかる訳ですから、なかなか選びにくい選択かと思います。
もし2つとも入りたいのであれば、ドコモでの購入時にはケータイ補償サービスfor iPhone & iPadを選択し、その後AppleにてApple Care+for iPhoneを一括で購入すれば良いのです。
一括でというのはドコモでApple Care+for iPhoneに入る場合には、月々のスマホ代と一緒に2年かけて支払う金額を一括で支払うのです。
ちなみにiPhone Xだと22,800円です。

どちらかにのみ加入する場合にはしっかりと比較していただきたいと思います。
正直どちらがいいのか、というのはお好みだと思うのではっきりとはお伝えできませんが、個人的にはケータイ補償サービスfor iPhone & iPadをオススメします。

理由は紛失・盗難時にも利用ができること、また故障対応できる回数が多いことや保証期間が長いからです。

ではここから詳しく比較してご紹介しますね。

スポンサーリンク

ドコモでの購入時Apple care+とiPhone用のケータイ補償との比較

Apple care+for iPhoneの場合

まずはApple care+for iPhoneに関するメリットやデメリット、金額についてご紹介します。
Apple care+for iPhoneはiPhoneに元々保証されているハードウェア(電池や本体自体)への1年保証や90日間の無料の電話サポートを2年間に延長できるサービスです。

メリット

画面の損傷のみでほかに問題が無い時には、3,400円と安く対応してもらえます。(その他の部分の損傷の場合は11,800円です)

Appleの専任スペシャリストへの問い合わせが優先して繋がるサポートが2年間受けられます。
バッテリーや本体への製品保証(自然故障の場合の対応)が2年間に延長されます。

ケータイ補償サービスfor iPhone & iPadよりも月額が安い(iPhone X以外)

デメリット

2年間に2回まで保証対応なので、回数が少ないです。

2年経つと自動的に保証が無くなります。

私個人的には、保証の内容としては画面破損時におトクなのでうれしいのですが、回数や期間的な部分で心細さを感じます。

金額

iPhone X 950/月
iPhone 8 Plus 700/月
iPhone 8 617/月
iPhone 6s 617/月

iPhone X以外はケータイ補償サービスfor iPhone & iPad安く利用できます。

スポンサーリンク

ケータイ補償サービスfor iPhone & iPadの場合

1年間の自然故障の場合にはAppleでの対応を誘導されますが、それ以外はドコモで対応してくれます。

ただしドコモショップ店頭での受付ではなく、ケータイ補償サービスセンターでの受付です。

その為ドコモショップへ行っても郵送での対応のみとなり、後日(1~2日後)に希望住所にiPhoneのリフレッシュ品が届いてきます。
届いたら、利用していらiPhoneを返却の為郵送します。

もしこの返却時に郵送が心配な場合には、ドコモショップで預かってもらますよ。

メリット

紛失・盗難も対象なのが一番の安心なポイントです。

購入から2年以上経っても、ご自身で外さなければずっと補償してもらえます。

1年間に2回まで交換してもらえるので、Apple care+for iPhoneよりも多く対応してもらえます。

デメリット

画面の損傷のみであっても、どんな故障・紛失等でも変わらず11,000円です。

バッテリーや本体の自然故障に対する保証はAppleが元々提供している1年間のみの対応となります。

金額

iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 6s
どちらの場合もすべて750円/月

ケータイ補償サービスfor iPhone & iPadについて詳しくはコチラへ

まとめ

一長一短ありますので、何を優先されるかですよね。

月の負担や画面損傷時の負担が安い方を選択するか、また専任スペシャリストのサポートが2年続く方がよければApple care+for iPhoneがオススメです。

ちなみにドコモのインフォメーションセンターにもiPhone専門の電話サポートがありますよ。ただAppleの社員ではない訳ですからサポートできる範囲は違うかもしれません。

逆に紛失・盗難の補償があった方がよかったり、長く同じ機種を利用することを考えてずっと補償が続くようにしておきたいなら、ケータイ補償サービスfor iPhone & iPadがオススメです。

最後に

ドコモで購入後にはApple care+for iPhoneは月々の料金として払っていく申し込みはできませんので、前述のAppleでApple careの購入が必要です。

ケータイ補償サービスfor iPhone & iPadは購入後14日以内であれば、ドコモに連絡すれば申し込みが間に合います。

しっかりと比較した上でどっちの保証にするか、決めたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。