ドコモ通話料カケホーダイライトで5分以上通話後にカケホーダイへ変更したらどうなる?

ドコモでカケホーダイライトプランを利用していると、1回につき5分以内の通話料は無料です。

では同プランを利用中に通話が5分以上続いてしまった時、通話後にカケホーダイプランへ変更したら、通話料は補填してもらえるのでしょうか。

月の料金を安くする為にはどうしたらいいのか、ご紹介します。

スポンサーリンク

ドコモの通話料がカケホーダイライトで高くなった!

ドコモの料金プランのうち、カケホーダイライトプランを利用していると、1回の通話につき5分以内の通話の場合には通話料はかかりません。
ですがご自身から電話をかけた時に、思いのほか通話が長引いた時には通話料金が気になりますよね。

私の場合は通話料金をシビアに考えている為、100円でももったいなく感じてしまいます。
その為通話が長引いた時には、電話を切る前に通話時間を確認します。
その通話時間から5分マイナスし、残りの時間を30秒あたり20円で計算すると通話時間が計算できます。
1秒でも30秒分の料金が課金されます。

例えばカケホーダイライトプランで10分34秒通話していた場合ですと、5分間は無料となり、残りの5分34秒を計算します。
34秒は60秒分の料金がかかりますので、6分間の通話料で240円がかかります。

同プランで30分通話していた場合ですと、5分間は無料、残りの25分を計算しますので通話料は1,000円かかります。

つまり1回で30分以上通話する場合や、10分ほどの通話が1ヶ月に5回以上あるようなら、カケホーダイプランを利用する方が安いのです。

スポンサーリンク

ドコモの通話料で5分以上の場合の課金がされた後、カケホーダイライトからカケホーダイへ変更したらどうなる?

ドコモの料金プランのうち、カケホーダイプランやカケホーダイライトプラン、シンプルプランは月途中で変更しても日割り計算はしてもらえません。

ですが月途中で変更する時は両方の金額がかかる訳ではなく、高い方のプランの料金のみの支払いとなります。

では通話をし過ぎてしまった後に、カケホーダイライトプランからカケホーダイプランへ変更する場合、通話料はどうなるのでしょうか。
変更した月に関してはカケホーダイプランの金額を支払う訳ですから、通話料も割引して欲しいところではあります。

ですが実際はカケホーダイプランの料金に合わせて、カケホーダイライトプランの時に通話した分の通話料が課金されます。
もちろん5分以内の通話料は無料のままです。

つまり長電話をしてしまってからカケホーダイプランへ変更しても遅いのです。
なので、もし話が長引きそうな用件での電話、会話が盛り上がりそうな相手への電話、自分の都合で切りづらい相手への電話をかけるのなら、前もってカケホーダイプランへ変更しておくのがオススメです。

プラン変更はご自身でMy docomoからすぐできますし、『本日から適用する』を選べばプラン変更後の通話からすぐにカケホーダイプランでの通話として利用できます。

またカケホーダイプランへの変更が終わったら、その後続けてさらにカケホーダイライトプランへの変更もしておけば安心です。
カケホーダイライトプランへの変更は『来月から適用する』を選択しておけばいいのです。
そうすると、その手続きをした月の月末までは通話し放題となり、翌月からは自動的にまたカケホーダイライトプランの料金で利用ができるのです。

実際にはカケホーダイライトプランへの変更は月末までに手続きすれば、翌月から変更する設定は可能です。
ですが忘れて月が変わってから変更手続きをすると、手続きをした月は高い方のカケホーダイプランの料金がかかりますので2ヶ月分のカケホーダイプランの支払いが必要になってしまいます。
忘れずに早めの段階で手続きしましょう。

シェアパックのデメリットについてもご紹介してます

ベーシックパックについてはコチラへ

最後に

カケホーダイライトプランからカケホーダイプランへの変更は場合は即時適用ができますが、高い方の料金の支払いが必要です。
5分以上の通話が多そうだとわかっている場合には、事前に変更しておくのがオススメです。
通話料を気にせずに話せますしね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. M より:

    今これで揉めてますw
    FOMAの時は遡り適用できたんですけどね。
    改悪知りませんでしたし。
    クソ長い説明文読んでられないです。←契約上は読まない私が悪いのだが。
    15年使用しているのに(プンプン

    • rion_0316_72_1 より:

      こんばんは!
      改悪ではなく、以前からそうなんですよ。
      ただ、初回のプラン変更時だけは優遇計算が適用される為、前回は遡って計算されているのではないでしょうか。

      何かしらドコモからいいご提案があるといいですね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。