ドコモのケータイ補償は必要?メリットなど内容やを確認して入るべきか検討してみましょう

ドコモのケータイ補償サービスは必要でしょうか。

いつも大事にスマホを利用していて紛失することも落とすこともないのだから必要ないのでは?と感じる方も多いのではないでしょうか。

このケータイ補償サービスのメリットなどの内容をご紹介します。

スポンサーリンク

ドコモのケータイ補償は必要?

ドコモのケータイ補償サービスは機種を購入する時にのみ加入できるサービスです。
その為購入の時点で加入するかどうかを検討する必要があります。

ではこのケータイ補償サービスは必要でしょうか。

正直お好みの部分はあります。
もし端末が壊れる頃には買い替える、2年ごとに買い替えるという方は加入しなくても良いかもしれません。
ですが大事に長く利用したい、という方は加入されることをオススメします。

むしろ大事に利用しているのだから加入する必要がないのではないか、という考え方もあると思います。
ただどんなに大事に利用していても、壊れてしまうこともあるのが電気機器ですよね。

Androidスマホの場合、打痕などのないきれいな状態で壊れてしまっても、ケータイ補償サービスの加入がない場合には修理代金が数万かかることもあります。
ですがケータイ補償サービスの加入があれば、打痕や水濡れなどのないきれいな状態なら修理代金は0円です!

また打痕があったりヒビや割れがあっても3,000円以内で修理ができます。
万が一の修理代金が数万単位で変わる可能性があるのなら、加入しておいた方がいいかもしれませんね。

ドコモのケータイ補償のメリットなど内容

ケータイ補償サービスはいくつかメリットがあります。
今後端末を長く利用し続けたい方や、落としてしまうことが多い方は加入されることをオススメします。
理由はこちらです。

補償交換

ケータイ・スマホが修理できない時や紛失・盗難に合われた時には通常は機種変更が必要です。
ですがケータイ補償サービス加入しておくことで、補償で交換ができます。もちろん修理できる場合でも修理ではなく補償で交換することも可能です。

補償の交換費用は機種によって異なり、5,000円から11,000円です。
docomo with対象端末等、月額330円でケータイ補償サービスを利用している場合には、5,000円、
ほとんどのAndroid端末は月額500円ですが、このタイプは7,500円です。
また月額料金が380円の場合は利用回数によって異なり、1年に1回目の利用の場合には5,000円、2回目の利用の場合には8,000円です。

iPhoneの場合には、月額500円と600円の場合には7,500円、月額750円の場合は11,000円です。
ちなみにiPhone 6s以降の機種でiPhone SE以外は11,000円です。

それぞれ負担額は異なりますが、たいていは買い替えるよりも安価で交換ができるのがメリットです。
また機種変更とは違い月々サポート等の割引が継続される為、購入からの期間が短い場合にはなおさら補償での交換がお得です。

スポンサーリンク

修理代金のサポート

また前述の内容ではありますが、Androidスマホの場合、端末の故障時に修理代金が割引されるのは大きなメリットだと思います。
2年以上利用される方はとくに故障してしまうリスクが高くなるわけです。
2018年秋か修理代金の割引期間が修理受付が終了するまでに延長されましたので、なおさらケータイ補償サービスは必要ではないでしょうか。

ケータイデータ復旧代金の割引

スマホ等が万が一水に濡れてしまったり、破損によって操作ができないなどでデータを取り出すことができない場合にはケータイデータ復旧サービスでデータの不k減ができる可能性があります。
このサービスは復旧をしてみて、もしデータが取り出せなければ負担は0円です。

データが取り出せた場合にのみ復旧代金が発生します。その代金は通常は8,000円です。
ですがケータイ補償サービスに加入している場合には1,000円から2,000円
Android端末でケータイ補償サービスの月額料金が330円や500円の場合とiPhoneの場合には1,000円、Android端末で月額380円の場合は2,000円です。

万が一の時のことではありますし、それまでに支払うケータイ補償サービスの料金を考えると、もしかしたら差額分はあまりお得ではないかもしれません。
ですが全体のことを考えると、加入しておいた方がお得で安心ではないでしょうか。

ケータイ補償サービスを残して、あんしんパックを解約したい場合はコチラへ

最後に

ドコモのケータイ補償サービスは必要が必要かどうか、考え方次第かとは思います。
ですが加入は購入のみ、解約はいつでもできるということを考えると、内容にメリットを感じなかったとしてもとりあえずは加入しておく方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。