ドコモのケータイ補償はいつまで加入できる?機種変更時に前の機種から変更しなかった場合

ドコモのケータイ補償サービスを機種変更時に前の機種から変更しなかった場合には、いつまで加入することができるのでしょうか。

特にドコモオンラインショップで購入した場合には自分で手続きしますから、意図せず前の機種のままになってしまうこともあるかもしれません。

あとあと後悔しないように、ぜひ端末購入まえあるいは購入直後に確認しておきましょう!

スポンサーリンク

ドコモのケータイ補償はいつまで加入できる?機種変更時に前の機種から変更しなかった場合

ケータイ補償サービスは加入するかしないかはお好みだと思います。

個人的には加入がオススメですが、壊れたら古い機種を使ったり機種変更したりすればいいと割り切って補償なしで利用する考え方もあると思います。

ですがもし少しでも迷うようであれば、加入できるタイミングには限りがありますが解約はいつでもできますので、とりあえず加入しておくという考え方もあると思います。

ケータイ補償サービスは端末の故障時などに役立つ補償サービスですので、加入するかどうかに迷う場合は、ぜひ下記クリックしてください!

ケータイ補償サービスについての詳細はコチラへ

加入はいつまで?

ドコモショップでの機種変更をする時にケータイ補償サービスの加入を断った時や、ドコモオンラインショップで購入時にケータイ補償サービスを前の機種から変更できていなかった場合など、意図せずケータイ補償サービスの加入ができていないこともあると思います。

そのまま加入しない選択肢ももちろんあると思いますが、ケータイ補償サービスへ加入したい場合にはいつまでならできるでしょうか。

この加入期限は、購入した場所や状況によって変わってきます。

当たり前ですが、期限内であってもすでに破損等がある場合には加入はできませんので、ご注意ください。

ドコモショップや量販店

まずはドコモショップや量販店で機種変更や新規契約等、端末購入した場合です。

この場合には購入日を含めた14日以内に連絡をすれば加入可能です。

スポンサーリンク

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップでの購入の場合には少し複雑です。

新規契約(MNP含む)やFOMAからの)機種変更の場合、また一部のXiからの機種変更の場合には開通が必要です。開通とは商品受け取り後の利用開始の手続きのことです。

開通がある手続きの場合には開通した時に機種変更が完了となります。その為、開通日を含めた14日以内に連絡すればいいという考え方です。

Xiからの機種変更の一部は開通が必要ありません。
この場合には、『お届け予定日』を含めた14日以内という数え方です。このお届け予定日は、実際に商品を受け取った日とは異なる場合があります。受け取った日ではなく、購入時に設定えたお届け予定日です。不明な場合は、オンラインショップサイト内のお申込み履歴の詳細を開けば確認できます。

連絡先

端末購入後にケータイ補償サービスへ加入する場合、ドコモショップでは手続きできません。

この場合には『ケータイ補償 お届けサービスセンター』へ電話連絡が必要です。

ドコモの携帯電話からの場合:(局番なし)15711(無料)

一般電話などからの場合:0120-210-360

受付時間:午前9時〜午後8時

連絡する時には、契約者の方が該当の端末(ケータイ補償サービスに申し込みしたい端末)をお手元にご用意された状態でご連絡されることをオススメします。

最後に

機種変更時にドコモのケータイ補償サービスを前の機種から変更しなかった場合、いつまででも加入できるわけではないですし、故障したら加入ができませんので、早めに連絡することをオススメしますよ^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。