ドコモ新料金プランに変更はどのタイミングが損がない?いつ手続きすべきか

2019年6月から始まるドコモ新料金プランに変更するとして、いつ変更するのが損がないでしょうか。

最適なタイミングで手続きしたいですよね!

それがいつなのかは契約状況によって変わりますので、まずは以下を確認してみましょう!


スポンサーリンク

ドコモ新料金プランに変更はどのタイミングが損がない?いつ手続きすべきか

ドコモ新料金プランのギガホやギガライトなどに変更する場合、
・必ず気にすべき点と
・できれば気にしておきたい点
があります。

必ず気にすべき点

まず必ず気にすべきは、現在適用中の割引サービスです。
以下の割引サービスに心当たりはありますか?
★月々サポート
★docomo with
★ドコモの学割
★ウエルカムスマホ割
★端末購入サポート解除料発生期間

それぞれのサービスが対象になっているのか、対象になっている場合はその終了のタイミングをしっかり確認しましょう!

以下リンク作成中です。
月々サポート
docomo with
端末購入サポート

それぞれのサービスごとのタイミングを確認した上で、その期間終了を待つのが得か損かが確認できたら、以下も確認してみてください。

スポンサーリンク

できれば気にしておきたい点

上記の必ず気にすべき点以外に気にしておくと少しお得になるのが以下の3つです。
・契約期間の終了タイミング
・dポイントクラブのステージ
・ギガホ割の期間

契約期間終了のタイミング

まず契約期間終了のタイミングを気にする理由は、タイミングが良ければ『更新ありがとうポイント』がもらえるからです。解約金を気にするの必要は無いので、タイミングが合わなければ合わないで問題は無いです。
確認の仕方はこちらです。
『My docomo』のサイト
⇒『ドコモオンライン手続き』
⇒『契約内容の確認・変更』

『契約内容の確認・変更』の中で確認する項目は、今現在利用中のプランによって異なります。
・カケホーダイプラン
・カケホーダイライトプラン
・シンプルプラン
・データプラン
・キッズケータイプラス
を利用中なら『ご契約プラン』を確認すると、「契約満了月」の記載があると思います。

契約期間の満了が近い場合には、期間満了の翌月に申し込みすれば「更新ありがとうポイント」がもらえます。
もらえるものはもらってから、新料金プランへ変更したいですね。

dポイントクラブのステージ

続いてdポイントクラブのステージを気にする理由は、新しく始まる「ずっとドコモ特典」があるからです。
ずっとドコモ割は契約者の誕生月にポイントがもらえるサービスです。
誕生月当月までに新料金プランへ変更(誕生月翌月から開始の予約含む)する必要があります。

もらえるポイント数は、誕生月時点でのdポイントクラブのステージによって変わります。
プラチナステージ⇒3,000ポイント
4thステージ  ⇒2,000ポイント
3rdステージ  ⇒1,500ポイント
2ndステージ  ⇒1,000ポイント
1stステージ  ⇒500ポイント
ステージは月ごとに変わりますが、今月のステージと来月のステージ(予定)は『dポイントクラブサイト』で確認できます。

もし前述の更新ありがとうポイントもずっとドコモ特典ももらおうと思うと、以下のタイミングなら間に合います。
例えば・・・6月で契約期間満了、契約者の誕生月が7月の場合、

6月で契約期間満了
⇒7月1日以降に更新ありがとうポイントの申し込み
⇒7月31日までに新料金プランへ変更(8月からの予約申し込みもOK)
⇒プラン変更後(8月予約の場合は8月1日以降)にずっとドコモ割の申し込み

上記のようなタイミングなら、更新ありがとうポイントの3,000ポイントとずっとドコモ割のポイントと両方もらえます!!

ギガホ割の期間

最後に新料金プラン開始と同時に始まるこの割引サービスです、
せっかくなら割引があるタイミングで変更しておきたいですね!
このギガホ割はギガホのプランを利用する場合に月1,000円を6か月間割引されます。

この割引サービスは2019/9/30までです。
この期間までに月々サポート等の割引が終わらない場合や、契約期間満了にならない場合にはどちらかを諦めるか、ギガホ割の期間延長を期待するしかありません。

まとめ

ドコモ新料金プランに変更すると元のプランへは戻せません。
今利用中の割引サービスについてしっかり確認し、損のないタイミングをしっかり確認してお得に手続きしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。