ドコモ新料金docomowith併用できるか?比較して得なのか?

ドコモ新料金プランが始まりますが、docomo withと併用して利用することができるのでしょうか?

併用できない場合には、docomo withから新料金プランへ変更する意味はあるのでょうか。

意味があるかどうか比較してみましょう!

スポンサーリンク

ドコモ新料金docomowith併用できるか?

ドコモ新料金プランが2019/6/1から始まります。
それと共に今までのサービスが終了するものもあります。

そのひとつがdocomo withです。
6/1以降に端末購入する場合には、docomo withの割引は適用されません。

では今docomo withが割引されている場合には、今後どうなるのでしょうか?
割引適用中の場合には、継続されます。

ですがドコモ新料金プランへ変更すると、docomo withの割引は終了します。
再度docomo with対象だった機種を購入しても、割引は戻りません。

新料金プランへ変更すると共に、今後一切docomo withの割引を受けることはできなくなるのです。

スポンサーリンク

ドコモ新料金docomowithと比較して得なのか?

ドコモ新料金プランとdocomo withが併用できないのであれば、今のままの方がいいのか、変更する方がいいのか、比較しておきたいですよね。

今利用中の料金プランによって、docomo withを無くしてでも新料金プランへ変更するのがいいのか、このまま今のプランを利用し続けるのがいいのかは異なります。

たいていはdocomo withの割引を受け続けることを選ぶ方がお得です。

ですが場合によっては、ギガホ割の適用中は同等の金額で利用できるかもしれません。
また、『ずっとドコモ特典』でのポイント還元によって多少はお得になるかもしれません。

ちなみに『ずっとドコモ特典』は更新ありがとうポイントの代わりのようなものです。
『更新ありがとうポイント』は2年に一度3,000ポイントがもらえます。

それに対し、『ずっとドコモ特典』は1年に一度ポイントがもらえます。
もらえるポイント数はdポイントクラブのステージによって異なります。

  • プラチナステージは3,000ポイント
  • 4thステージは2,000ポイント

更新ありがとうポイントよりも少しお得です。
少しですけどね。

どちららがお得か、より詳しく確認する為には、ドコモのホームページで料金のシミュレーションがあります。

それを利用して比較するのがいいと思います。

まとめ

ドコモ新料金プランへ変更する場合には、docomo withは割引の併用ができなくなります。

しっかり比較して、お得な方を利用したいですね。

その他の確認しておきたいタイミングはコチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。