ドコモ補償サービスを紛失で利用、違約金は?リフレッシュ品は新品?

スマホを紛失してしまった!

『ケータイお探しサービス』でも見つからない!

そんな時には『おまかせロック』『遠隔初期化』をした上で、
まずは悪用防止の為、電波を止めましょう!

ドコモの利用中断の手続き専用ダイヤル
0120-524-360
24時間受付(携帯からも可)

電波を止めたら、
・機種変更
・ケータイ補償サービス
・dカード(dカードGOLD)ケータイ補償
このどちらかの選択になると思います。

ここではケータイ補償サービスを、私が利用した経験を踏まえてよくある不安が解消できるよう紹介しますね。

スポンサーリンク

ドコモのケータイ補償サービスを紛失で利用する方法

大まかな流れはこちらです。

遺失届を出す

↓↓↓
補償申し込み

↓↓↓
受け取り

↓↓↓
見つかった場合だけ返却

!!注意!! 紛失してから30日以内にケータイ補償サービスセンターへ連絡が必要です!!

では、詳細のご案内します。
ケータイ補償サービスを申し込む前に、まずは失くしたという事を確認できるようにする必要があります。
警察署へ『遺失届』を出すんですね。
(警察にお届けの際の受理番号、受付担当者、届出警察署名、日時などを聞かれる場合があるようです。)

遺失届を出したら、ケータイ補償サービスへ申し込みます。
My docomoでご自身のパソコンから
あるいは電話受付もできます。

基本的には同機種、同カラー端末との交換になると思います。

もし、お申込みの時にケータイ補償サービスのセンターに在庫がない場合に限り、別途ドコモが指定する機種、カラーからの選択になります。

ケータイ補償サービスのリフレッシュ品が届くまで1〜2日
(15時ぐらいまでの申し込みだと翌日到着するようです。配送状況などによって、遅くなることもあるそうです。)
この間スマホが利用できないのは辛いですよね。

そんな時にはドコモショップでの手続きがオススメです!
リフレッシュ品が届くまでの間、代わりのスマホを貸してくれました!!
(在庫状況などによると思いますので、実際借りられるかどうかはお近くのドコモショップへ確認してください)

ただ不便なのが、リフレッシュ品の受け取りもドコモショップだという事。まあ、借りてるスマホを返しに行きがてら、リフレッシュ品が受け取れるという事ですね。

ドコモショップへ2度行く手間がありますし、来店予約が取れないと待ち時間が大変なので、
・手間と時間をかけて、早くスマホが利用できるようにする
あるいは、
・1〜2日利用できなくても、自宅で全て終わらせるようにする
そのどちらが合っているかによって、選んでもらえたらと思います(*^o^*)

ちなみにドコモショップへ行く場合は、その場でSIMカードの発行ができます。
同じSIMサイズの余っている機種があるなら、SIMカードだけ発行して、スマホは借りない選択もありますね。
その場合はご自宅でリフレッシュ品を受け取れますので、ドコモショップへは1度行けば大丈夫ですね^ ^

!!注意!! SIMカードはスマホと一緒に失くしてますから、新しく発行が必要です。
SIMカードの発行手数料は2,160円(税込)です。
ドコモショップで発行しても、電話やMy docomoでケータイ補償サービスの申し込みと同時に発行しても同様に手数料がかかります。
ケータイ補償サービス利用の負担金と発行手数料の両方かかるということですね。

違いをまとめると、

ドコモショップは

スポンサーリンク

ドコモショップでスマホ借りる & SIM発行
& ケータイ補償サービス申し込み
↓↓↓
1〜2日後、ドコモショップに届く
↓↓↓
スマホ返却 & リフレッシュ品受け取り

電話やMy docomoは

ケータイ補償サービスとSIM発行の同時申し込み
↓↓↓
1〜2日後、希望住所へ届く
(リフレッシュ品とSIMが入っている)
↓↓↓
SIMカードの開通して利用開始

ドコモショップへ行くことで、使えない期間を1〜2日短くできるので、スマホが欠かせない方にはオススメです!

ドコモのケータイ補償サービスの違約金は必要?

結論としてはかかりません。

本来なら、ケータイ補償サービスは、あくまで交換のサービスです。

ですが、紛失や盗難の場合は返却しようがないですものね。なので申し込み時に紛失だという事をしっかり伝えておけば、返却できないから違約金がかかるという事はないです。

返却できないことへの証明として、警察署への遺失届が必要です。

ただ、ケータイ補償サービス利用後にスマホが見つかったら返却が必要です。持っていてもロックがかかって利用できなくなっているようなので、返却しちゃいましょう!!

ドコモのリフレッシュ品とは?新品ではない?

ドコモでいう、リフレッシュ品とは、
お客さまより回収した電話機に故障修理・外側カバーの交換・品質の確認を行ったうえで、新品同様の状態に初期化した電話機です。

!!注意!! 電池は新品の場合と”新品同様の状態”の場合とあります。

あくまで “新品同様” ではありますが、iPhoneの場合申し込み日から6ヶ月以内に、もし初期不良や自然故障があった場合は期間内に伝えれば新たなリフレッシュ品と無料交換ができるそうです。

Androidの自然故障の場合、14日以内の無料交換と6ヶ月以内の無料修理があります。

故障かな、と思ったら即ドコモショップへ相談してみましょう!

明らかにおかしい時はそのままケータイ補償お届けサービスセンターへ問い合わせてみてもいいかもしれません。

届いた時点で既に壊れていた!という時にも無料交換を再度してくれるそうです。届いたその日に、破損、故障がないかすぐ確認すれば安心ですね。

何かあれば開けたその日にすぐケータイ補償サービスセンターへ問い合わせてみましょう!
(何日後まで受付できるのかは表記の確認できませんでした)

ドコモの携帯電話からの場合
(局番なし)15711(無料)
受付時間:午前9時~午後8時

一般電話などからの場合
0120-210-360
受付時間:午前9時~午後8時

スマホを失くしてしまった!諦めて機種変更をすると決めた場合、どのようにしたらいいのでしょうか。オンラインショップかドコモショップそれぞれの利点は?SIMの再発行はどうしたらいい?一番安く交換できる方法は?焦る気持ちを抑えて、一先ず確認しましょう!

まとめ

紛失したスマホが見つかるのが一番ですが、とりあえず番号が使えない状態をどうにかしたい。
そんな場合には、ケータイ補償サービスの利用が便利かな、と思います。

  • 利用の際には最初にまず、遺失届を出しましょう。
  • なるべく早く使えるようにするには、代わりのスマホを借りるのが便利です。
  • SIMカード発行手数料の2,160円はケータイ補償サービスの利用の負担金とは別にかかります。
  • 紛失して返却できないので、違約金は免除されます。

最後にリフレッシュ品ですが、中身は新品同様、外側は新品です。

そこまで気にしなくていいと私は思います^ ^

正直新品でも運悪くハズレを引く事もあるみたいですし。機械ですからね、、

重要なのはむしろ、
・届いた端末をしっかり確認する。
・おかしいなと思ったらすぐにドコモへ相談する。
という事ではないでしょうか^ ^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。