ドコモケータイ補償リフレッシュ品のバッテリー、故障や保証期間など不安を解消します【Android】

利用いているスマホが故障した!

そんな時に便利なのが、ドコモのケータイ補償サービスです。

買い換えるよりおトクに交換ができ、修理するより早く完了します。

ただ交換する端末がリフレッシュ品である、ということが気になる方多いようです。

このリフレッシュ品のバッテリーが新品なのか古いのか、
リフレッシュ品が故障したらどうなるのか、
リフレッシュ品の保証期間はあるのか、

ケータイ補償で交換をする前に、リフレッシュ品に関する不安を解消しましょう!

スポンサーリンク

ドコモケータイ補償のリフレッシュ品のバッテリー

ドコモのスマホが故障などのトラブルにあった時、修理かケータイ補償サービスを利用するかの選択に迫られると思います。

ケータイ補償サービスを選ぶ場合には、基本的には同じ機種・同じ色のリフレッシュ品との交換となります。
このリフレッシュ品とはどのような物でしょうか。

ドコモのリフレッシュ品は、以前に故障により回収された端末を修理し、外装と電池を新品に替え、品質のテストをした上で新品同様に初期化した物です。

なので、自分のスマホを修理に出して返却された状態に比べて、電池が新品になっているというおトク感があるんです。
何の症状を修理したのか、という違いはありますが、品質テストと初期化をした上で戻ってくるなら同じ事ですよね。

余談ですが、このケータイ補償で交換した後に、機種変更してこのリフレッシュ品を下取りに出してポイントをもらう、という考え方もありますよ。

下取りをして安く機種変更したいけれど、下取りキットが届かない、やり方がわからない、 下取りするかどうかまだ悩んでいる、後からキャンセルできるのか、 そんな下取りに関する疑問にお答えします!!

ドコモケータイ補償のリフレッシュ品が故障したら?

ドコモのケータイ補償サービスでせっかく交換したのに、交換した端末が故障しているなんて事あるのでしょうか。

正直、可能性としてはあると思います。
新品で購入した端末だって、購入したばかりで調子が悪いなんて事もあり得ます。

故障した端末を修理に出して戻ってきたのに、まだ調子が悪い、別の症状が出た、なんてこともあり得ます。

なので、届いたリフレッシュ品が調子が悪い可能性だってあります。

精密機器である以上、100%問題が起きない保証はないのです。

なのでリフレッシュ品が届いたらすぐに、しっかりと動作確認をしておきたいですね。

  • 電源が入るかどうか
  • 端末に傷など外観のトラブルがないか
  • 画面の表示がおかしくないか
  • 電話の音声におかしいところがないか
  • 電波状況、
  • Wi-FiやBluetoothがしっかり繋がるか

など、気になるところがないかどうかしっかり確認しましょう。

また、確認中に破損や水濡れが起きないように注意して利用しましょう。

ドコモケータイ補償のリフレッシュ品の保証期間は?

ドコモのケータイ補償サービスで交換したリフレッシュ品が調子が悪い場合には早めにドコモショップへ行き、診断してもらう事をオススメします。
その結果、実際に故障している場合には保証期間がどうなっているのかが気になるところですよね。

リフレッシュ品に不具合があり、自然故障つまり破損や水濡れのない故障が確認できた場合には、補償受付日から14日以内であれば端末を無料交換してもらえます。

ドコモショップに行くまでもなく調子が悪い事が明らかな場合には、ケータイ補償センターへ連絡しましょう。
その結果ドコモショップへ行くよう促されるかもしれませんが、この場合も上記同様に14日以内で自然故障である事が確認できれば無料交換してもらえます。

スポンサーリンク

15日を過ぎてしまった場合にも修理の補償期間の延長があります。
補償受付日から6ヶ月間の自然故障の場合は、無償修理の受付ができます。

ですが、上記同様に破損や水濡れがあると無償での修理ができないので注意が必要です。

キレイに利用していれば、しっかり安心して利用ができるという事ですね。

ドコモのケータイ補償サービス for iPhone & iPadで故障したiPhoneを交換する時、リフレッシュ品って言葉、なんだか気になりませんか?今回このリフレッシュ品について、安心して利用できるものなのか、外装やバッテリーは新しいのか、交換後のトラブル時の保証はどうなっているのか、ご紹介します。

以下、ドコモのご利用規約のケータイ補償サービスより抜粋です。

(交換電話機の保証期間)
第18条
ドコモは、前条に基づきドコモがご利用者にお送りした交換電話機につき、旧電話機のご購入時に添付されていた保証書に定める保証期間中(ただし、サービス利用契約中は、第30条に定める期間中)に限り、ご利用者のお申出により、当該保証書に基づきドコモが指定する正規の修理拠点において無料修理をさせていただくものとします。 ただし、これらの保証期間が経過した場合であっても「交換電話機お届けのご案内」に記した補償受付日を起算日として6ヶ月間は、ご利用者のお申出により、当該保証書に基づき無料修理をさせていただきます。電池パックは「交換電話機お届けのご案内」に記した補償受付日を起算日として3ヶ月間、付属品(第17条第5項ただし書に基づきドコモが提供したものに限ります)は1年間、ご利用者から自然故障発生のお申出があり、その自然故障発生がドコモによる検査により認められた場合は、ドコモが指定する正規の修理拠点において無料交換をさせていただきます。
2.
ご利用者は、前条に基づきドコモがご利用者にお送りした交換電話機、電池パックまたは付属品について、受領された時点で破損その他不具合を発見された場合または「交換電話機お届けのご案内」に記した補償受付日を起算日として14日以内に自然故障が発生した場合(以下総称して「不具合等」といいます)は、ドコモが別に定める期間内にその旨をドコモに申出るものとし、ドコモの指示に従い当該不具合等の発見された交換電話機、電池パックまたは付属品をドコモに返送するものとします。
ドコモは、本項に基づきご利用者より交換電話機、電池パックまたは付属品がドコモに返送され、当該交換電話機、電池パックまたは付属品に不具合等が認められた場合は、ご利用者に対し当該不具合等が認められた交換電話機と同一機種の新たな交換電話機、電池パックまたは付属品を別途お送りすることにより、無料交換をするものとします。ただし、当該不具合等がご利用者または第三者の故意または過失により生じたものと認められた場合は、この限りではありません。本項に基づきドコモが定める期間内にご利用者よりお申出のなかった不具合等については、後日ご利用者からのご申告があった場合でも、本項に基づく無料交換の対象外とします。なお、本項に基づく交換電話機の無料交換は、第12条に定める補償の利用回数に算入されません。
3.
前二項の定めにかかわらず、交換電話機の不具合のお申出をいただいた時点で、本件携帯電話回線契約を解約されていた場合には、前二項に定める無料交換はしないものとします。

最後に

ドコモのケータイ補償サービスはバッテリーも新品になるので、修理に出すよりおトクかもしれません。

また、故障の時の保障期間の延長もありますので、安心して利用できると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。