ドコモリフレッシュ品は外装、iPhoneのバッテリーや保証期間など大丈夫?!

ドコモのケータイ補償サービス for iPhone & iPadで故障したiPhoneを交換する時、

リフレッシュ品って言葉、なんだか気になりませんか?

今回このリフレッシュ品について、

安心して利用できるものなのか、
外装はキレイなのか、
バッテリーは新しいのか、
交換後のトラブル時の保証はどうなっているのか、

ご紹介します。

スポンサーリンク

ドコモリフレッシュ品の外装は新しい?

ドコモのケータイ補償サービス for iPhone & iPad で交換したリフレッシュ品はどこまで新しくされているのでしょうか。

これはリフレッシュ品とは言っても、気持ちよく利用できるように外装は新品のものに交換されています。

なので見た目は新品を購入したのと変わりありません。

ただ、通常に購入した物であっても、塗装上の傷のようなものが気になることもあるようなので、細かく確認する方は気になる部分が見つかるかもしれません。

ですがケータイ補償サービスセンターへも確認してみましたが、外装を新品に交換していることは間違いないそうですよ。

リフレッシュ品のiPhoneのバッテリーは新しい?

ドコモのホームページ内でケータイ補償サービスのiPhoneのリフレッシュ品の電池に関する記載が見つからない為、前章と同じく問い合わせてみました。

iPhoneの電池に関しては、『新品あるいはAppleが新品同様と判断した電池』が入っているそうです。

つまり新品ではない場合もあるけれど、『劣化していない電池』と言う事ですね。
Appleがしっかり確認している電池なのであれば、安心だと思います。

整理しますと、
メーカーが新品同様と判断した電池、
外装は新品。
そして中身は故障修理した部品ですが、品質の確認済み
という事ですね。

Appleの体質を考えると、おそらくこの品質の確認もAppleが行っていると予想されます。

つまりリフレッシュ品とはいえ、安心して利用できるものが送られてくると考えられますね。

スポンサーリンク

少なくともAppleCare+ for iPhoneの場合であっても、修理ではなく交換対応の場合には、『新品、またはAppleが新品同様と判断したもの』との交換です。
リフレッシュ品とは書いてないですが、記載の仕方が異なるだけで言っていることは同じですよね。

iPhoneのリフレッシュ品の保証はある?

リフレッシュ品がいくら安心して利用できる状態と判断された上で送られてきているとしても、機械ですから初期不良もあると思います。
そんな時にはどう対応してもらえるのでしょうか。

iPhoneの場合にはドコモで修理できない関係で修理保証はついていません。
ですが、実はしっかりと保証が付いているのです。

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad で本体交換後、厳密には『補償受付日』から6ヶ月間に、もしそのリフレッシュ品にトラブルがあれば再度本体交換を無料で行ってくれます。

なのでせっかく交換したのに交換したiPhone本体が調子が悪いようであれば、その時にはすぐにケータイ補償サービスセンターへ問い合わせましょう。

よっぽどの事でもない限り6ヶ月もあれば初期不良の症状は表れると思います。
購入時の保証と比べてしまえば短いですが、それでもこの保証があればある程度安心して利用できそうですね。

リフレッシュ品について詳しく確認したい方はコチラ

最後に

リフレッシュ品て言葉は不安を感じてしまいがちですが、少なくとも新品あるいはAppleの判断した新品同様の電池と、新品の外装に交換されたiPhoneが送れられてくるので安心して利用できるかと思います。
ドコモのケータイ補償サービス for iPhone & iPad の利用で故障や紛失などのトラブルに備えておくのもありですね!

とご紹介しましたが、実は私は『大事に使っても壊れたら買い換える』スタンスなので、補償はつけていないのです・・・笑

https://rionblacktan.com/876.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。